FC2ブログ

逆輸入車・アメ車の個人輸入は(高年式中古車)がおススメです!       

【FAQ】よくあるご質問

よくあるご質問



Q : 支払いについて

A : 車輌購入費用、及び米国から輸出をする際に必要となる費用は、車輌を確保した後に米ドル建てでのお支払いとなります。FOB、C&F価格いずれの場合も、輸出総費用の100%を車輌購入の際にお支払い頂いております。弊社の口座は米国のBank of Americaとなります。


Q : すべて日本円での支払いは可能ですか?

A : 基本的には上記の通りお支払いは米ドル建てとさせて頂いております。仮に全額日本円でのお支払いになる場合、為替差損リスクを避ける為、「米国ドル⇒日本円」の換算は、実際のレートよりも若干上乗せしなくてはなりません。ですがこれではお客様に無用な不利益が生じるケースもございますので、弊社では双方がフェアとなるよう、米国現地側で必要な費用はご送金処理を完了して頂いた時点での為替レートが適用されるよう、米ドルでお支払い頂いております。


Q : キャンセル(返品)は可能ですか?

A : 新車購入の場合、販売店への送金前であればキャンセルが可能です。但し車輌確保の為に弊社がお立替したデポジット・保証金は実費でのご請求とさせて頂きます。


Q : 輸出をする為には、車輌購入費以外に、具体的にどういった費用が必要になるのでしょうか?

A : 基本的には、販売店諸経費用、陸送費用、輸出通関代行を含めた海上輸送費用、弊社手数料などが必要となります。


Q : 全米のどこからでも車輌購入・輸入は可能ですか?

A : はい、可能です。但し広大な米国本土なので、場所によっては港まで長距離の陸送が必要になり、陸送費用が高額になる場合もあります。日本への輸出の場合、まず西海岸近郊からの車輌を探し始め、どうしても見付からない場合のみ、順次検索エリアを広げるようにしております。


Q : 車輌購入の際、米国州税を支払う必要がありますか?

A : 中古車の場合その必要はございませんが、新車の場合は登録が必須となりますので、登録地の州税が必要となります。(おおよそ5%~10%)


Q : その他パーツの輸出や、車輌に取り付けての輸出も可能ですか?

A : はい可能です。一番適切な形をご提案いたしますのでご相談ください。


Q : 購入した中古車に保証は付いていますか?

A : 弊社は販売店ではなく代行の業務を担当致しますので、ご提案した車輌の保証は致しかねます。
  しかしながら、その様な事が起きないよう、事前調査は十分に行っております。


以上ですが、項目が増え次第順次Updateしていきます。

口コミから車の売却金額の相場を調べる



スポンサーサイト



オーダーの流れ

輸出まで代行する場合


お見積もり
 ■お客様のご希望をお問い合わせから出来るだけ詳細にお送り下さい。
 ■もちろんお客様ご自身で探した車輌や、eBay Motorsの出品車輌などでも結構です。
 ■ご希望のご予算をお知らせ頂けるとスムースにご案内できます。

ご回答
 ■GTCよりお客様のご希望に合わせた車輌のFOB、又はC&F価格をお知らせいたします。
 ■中古車の場合はCARFAXのレポートも添付いたします。
 ■中古車の場合は画像も添付いたします。
 【※新車の場合はお見積りスピード重視の為、装備の詳細のみのご案内を基本としております。】

ご質問
 ■ご不明な点がございましたら、些細な事でもご連絡下さい。
 ■もちろん車輌が気に入らなかった場合は、次のご提案をさせて頂きます。

ご決定
 ■ご購入を決定された場合は、その旨できるだけ早く当方へご連絡下さい。
 ■ご提案車輌の在庫再確認をさせていただき、場合によっては当方にてホールドいたします。
 【※ホールドに保証金が必要となる場合がありますが、その場合弊社にて一旦お立替いたします。】
 【※保証金お立替後に、お客様のご都合でキャンセルとなった場合は、実費分をご請求いたします。】
 
海外送金
 ■在庫確認後、早急に結果をご連絡いたします。
 ■弊社の口座への米ドル建てにてご送金をお願いいたします。(米国のBank of Americaとなります)
 【※FOB、またはC&F全額のお支払いとさせて頂いております。】
 
入金確認
 ■弊社の口座への着金確認後、速やかにその旨ご連絡いたします。
 ■同時に購入先への支払い作業も進めます。
 【※販売店への送金、着金確認の際にもその都度ご連絡いたします。】

輸出準備
 ■販売店への着金確認後、輸出へ向けての準備を進めます。
 ■販売店との書類のやり取り、船のブッキング、陸送の手配など同時進行で進めます。
 ■輸出書類の準備、陸送のスケジュールなどを考慮し最終的な船便を決定します。
 【※出港予定日の1週間前までに輸出通関を完了しないと、予定した船に載せられない為。】
 ■港への輸送、書類作業の進捗、通関の状況などUpdateし、その都度ご連絡いたします。

出港
 ■船社側での予定変更がない限り、最終的にお約束したお日にちに出港します。
 ■出港後、その旨ご連絡いたします。
 
 ■前もって日本の輸入フォワーダーより連絡が入りますので、入港後お引取りとなります。

日本国内での登録代行まで行う場合



 ■上記②の時点で、国内登録費用まで含めた見積もりをお知らせします。
 ■上記⑧の後、日本国内の協力会社より、お客様へ直接ご連絡いたします。
 ■国内登録の費用は、直接協力会社へお支払いいただきます。

その他注意事項



 ■FAQ よくある質問をご覧ください。


口コミから車の売却金額の相場を調べる





管理人からのご挨拶

皆さんこんにちは。GTCです。
このページでは簡単に管理人の紹介をさせて頂きます。

まず、GTCとはGrand Trade Consulting(LLC)の頭文字からとってます。
捻りも何も無くてすみません。

米国からの自動車輸出は、2008年頃からスタートしました。
当初は日本への輸出が中心で、個人、法人販売店様からの依頼を
受けて新車、及び中古車の双方を扱っていました。

そして2014年頃から、中国への輸出も盛んになり、
ラグジュアリー欧州車の新車を数多く取り扱ってきました。

その後、少しの間自動車輸出の業務は行っていなかったのですが、
この度個人様を中心に再開しました。

小学生の頃からの筋金入りの車バカです。
なので、車を探したりするのも、仕事という枠に留まらず
そこに元来の車好きがプラスになっているので、
ご依頼の場合では、自分の車を買うような気持ちで
探しています。

数年の円安によって、日本への輸入のハードル(費用的な)が
随分上がってしまいましたが、それでも輸入をしたいと思っている方は
多い筈です。

そんな方々の手助けが出来れば嬉しいです。

聞いてみたい事があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから!!

Grand Trade Consulting LLC


口コミから車の売却金額の相場を調べる


こちらのサイトについて

輸出・輸入・国内登録代行します




このサイトでは、日本へ車輌を輸入したい方の為に、
米国で車輌を購入し、輸入、ナンバーを取得するまでの参考費用を、
人気の各車輌について説明しています。

ベースは、高年式、低走行の優良中古車が中心です。

興味がおありになる方には、
GTCより、車輌のご提案、購入・日本までの輸出手続きを代行致します。
また、日本国内での各種検査~登録までの代行も可能です。
(※日本国内の協力会社と連携します。)


お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから!!

Grand Trade Consulting LLC


口コミから車の売却金額の相場を調べる





米国からの車輌輸出の現状について

皆さんこんにちは。GTCです。
このページでは、米国(アメリカ)からの車輌輸出の現状について、
過去との比較も交えて説明します。
主観もありますが、一応GTCの経験に基づいていますので、
信憑性にはそれなりに自信がありますので、じっくりご覧ください。

口コミから車の売却金額の相場を調べる


為替について




皆さんもご存知の通り、2009年頃から2013年頃まで続いた極端な円高時期、
米国から日本へは元より、中国などへも含め、車輌輸出は非常に活発でした。

GTCもこの期間何台位の新車や中古車を、海外へ輸出したのか、
今すぐには答えられない位、年中、交渉~購入~輸出を繰り返していました。

ところが、その後から現在に至る円安(あくまでも以前と比較してですが)基調と
同調するように、その数は驚くほど減少しました。
当時は、逆輸入車が人気となり、そこに円高の追い風が吹いて生じた
一種のバブル状態だったのだと思います。

この時期、こちらへ海外旅行に来られた方(日本人)も、
ブランド品を買いまくっていらっしゃいましたしね。
為替の力は大きかったです。

為替は長い目で見ると、周期で上下を繰り返していますが、
経済環境が劇的に変わらない限り、以前の円高が再度訪れる可能性は
かなり低いと思っています。
(GTC的にも、あの円高は異常かな、と思いますし。)


新車の輸出について




まず最初に言っちゃいますね。
基本的に、輸出目的の新車購入については、各ディーラーともそれを禁止しています。
「輸出したいので新車を売って。」「あんたには売らない。」
と、いとも簡単にNG回答が来ます。
ディーラーというより、メーカーから厳しく管理されている、
と言った方が正しいですけど。

これは米国だけでなく、他の国々でもほぼ同様です。

メーカーは、各販売先のマーケット状況によって、同じ車輌でも
販売価格を変えています。これは、このサイトを訪れる皆さんでしたら
周知の事実だと思います。

簡単に説明すると、例えば、

A国で5万ドルの車が、B国では8万ドルで売られています。
A国での販売価格を知ったB国の方は、A国で車を購入して、
B国へ輸入しようと思います。(これを大々的にやったのが中国のバイヤー)


でも、それを見過ごすと、B国でその車は売れなくなってしまいますから、
メーカーは新車の輸出を厳しく規制しているのです。

とは言え。GTCも数多くの新車を輸出しました。
やり方については、ここには書きませんが。

翻って現在。新車の輸出ルールは以前よりも更に厳しくなっています。
具体的に言うと、「タイトル」が発行されていない車輌は
輸出通関の許可が下りません。

「タイトル」を詳しく説明すると、かなり長くなってしまうので、
輸出の観点でのみ説明すると、輸出通関には新車の場合、

MCO(Manufacturer Certificate Origin)=メーカー発行の車輌証明書



Title(タイトル)=日本的に言うと、車検証



の、いずれかがあれば、以前はOKでしたが、今はMCOでは通関の
許可が下りなくなっています。

この2つ、何が違うのかと言いますと、MCOの場合、
タイトルを取得するにあたって必要な、メーカー発行の車輌証明書の役割があるので、
米国内の州税を支払わなくても、購入時点で取得可能でした。

しかしタイトルの取得になると、いずれかの州での登録が必須となり、
ごく一部の州税ゼロの州を除いて、登録=州税の支払い、となってしまうので、
州税レスでの購入が出来なくなってしまいました。
販売された州によって税率は異なりますが、おおよそ5%~10%くらいです。

色々な裏技を駆使すれば、州税レスでの新車購入も不可能ではないのですが……
もともとリスクを孕んでいた州税レスでの新車購入の条件が、
更に厳しくなってしまいましたので、
GTCとしては、購入後、

「輸出出来なくなった」

「費用が変わってしまった」

等のリスク懸念がある為、積極的にはおススメしていません。

もちろん、「州税を支払ってでも新車が欲しい」というリクエストが
GTCへあれば、購入から輸出手配、国内登録手配代行可能です。


高年式中古車について


 

海外から中古車輸入……経験の無い方は、不安要素ばかりが
先に立ってしまうと思います。

ただ、自動車に関しては、日本よりもしっかり車輌履歴を残しているのが
米国の特徴なんですね。

中古車を購入する場合、CarfaxAutocheckの履歴を確認するのは
もはや常識とも言えますし、事故車なのか?以外にも色々と
判る事もあるのです。

この辺は確実に日本より進歩しています。

また、もう一点挙げるとすれば、それはメーカー系列のディーラーから
購入するか?もしくは道沿いにあるようなショップから購入するか?でも
車輌の状態をある程度推測する事が出来ます。
(その分、メーカー系列のディーラーは少し価格が高いです)

米国の場合、そこの区分けはかなり明確ですね。

つまり、メーカー系のディーラー在庫車で、車輌の履歴を確認できれば、
かなりの確率で程度の良い中古車を購入する事が可能と言えます。

ディーラーも信用問題がありますから、まともな車輌しか売りたがりません。
例えば、下取りで同じメーカーの車輌が入ったとしても、程度が悪ければ
業者間のオークションへ流してしまいます。(オークションが全て駄目、と
言ってる訳ではありませんよ。)

あと、あくまでもGTCの経験則からですが、米国の中古車に関しては、
安くて掘り出し物、は、残念ながら殆どありません。
残念ですが、「安かろう悪かろう」と、思って頂いた方が賢明です。

一方で、新車から1~2年落ちの在庫も多いんですよね。
個人オーナーもそうですが、レンタカーで使われていた車輌とか、
米国はリースで購入する人も多いので、この辺りの中古車で、
ディーラー扱いだったら、まずハズレを引く事はありません。

また値段は新車登録から1年~2年後が一番落ちますし、中古車の場合、
州税レスで購入できます。
よって、もし新車が欲しいという方には、
高年式で低走行、メーカー系ディーラー(車輌と同じ系列であれば尚ヨシ)の
在庫中古車を強くおススメします。

口コミから車の売却金額の相場を調べる




アメリカから輸出した車たち(最新)

こちらのページにアップされている写真は、GTCがアメリカから日本へ向けて
輸出した車輌(の一部)です。

逆輸入車、アメ車、欧州車まで色々です。
今後も追加していく予定です。お楽しみに。

口コミから車の売却金額の相場を調べる


【USシビック・クーペ】


【シボレー・ボルト】


【シボレー・カマロ】


【BMW M3・セダン】


【オースチン・ヒーレー】


【USニッサン・ローグ】


【USトヨタ・タンドラ・クルーマックス】


【ポルシェ・カレラS・カブリオレ】


【USトヨタ・タコマ・ダブルキャブ】


【インフィニティ QX60】


【フォード・マスタング・コンバーチブル】


【フォード・マスタング・クーペ】


【USトヨタ・カムリ】


口コミから車の売却金額の相場を調べる





テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます